中高年やり直し英語と韓国語(ハングル)はこのサイトを!
英語教材や英会話教材を取り揃えて、英語発音など総合英語学習を完全収録。究極の海外生活、旅行英会話やTOEICも大丈夫!
英会話教材、英語教材ご案内。
■英語の歴史
紀元前5世紀〜10世紀
11世紀〜20世紀
■中高年の勉強過程
英語と米語
中高年を惑わすカタカナ語
不定詞のto はこれだけ
日本語では区別しないのに
冠詞なんかに神経を使うな
B動詞の後に目的格代名詞
侮りがたし中学単語
say (言う)の用法は広い。
cleanとforgotten
upの勉強
wihtの勉強
overの勉強
テーブルの上に花瓶
名詞がそのままで副詞の働き?
再帰代名詞って覚えてます?
聞こえたまま話すのが筋
get で1日を過ごす
get up だけ別にしました
比べるわかる for at to
bring と take の違い
will と be going to
使役動詞を復習
英語の敬語と丁寧表現
仮定法を少し勉強
歴史映画
参考文献
英語の省略形いろいろ
過去分詞の今
旅行もいろいろ
比較級から不得意
複数の形容詞の順序
英語のアメリカ読み
少しアメリカ通
英語のアメリカ読み?
擬音・擬態の英単語
コスメティックの由来
時代別ことわざ
ニックネーム
進行形の由来
名言集
数字の表現
■助動詞
Can、Will
May、Shall、Must
Would、Should
■英語の周辺
聖書の大筋
聖書ゆかりの名前は多い
奴隷解放宣言の戦争戦略
アメリカ憲法に民主主義はない?
シンデレラの靴は普通の靴?
悪魔は普通の神だった?
占星術からの単語
中世の鎧は重い?
■韓国語
アルク
参考書籍
■LINK



■中高年の勉強過程
  • アメリカ通になる

    1. アメリカはヨーロッパからの移民で作られた国。だから独立の前後は、フランス語・スペイン語・ギリシャ語・オランダ語・ロシア語・スウェーデン語などが話されていた。
      しかし、連邦政府ができ、紙幣・法律・学校などに単一の言語が必要になり、法律を何語で書くか、これが議会に上った。

      結果、41対42の一票差で英語がアメリカの法律を定める言語になった
    2. アメリカ人自身も英語を聞き取ることは、難しいといわれる。
      アメリカの国会中継で、質疑応答の間に相手が何を言っているのかを聞きなおすシーンが頻繁だという。それは「th」か、「s」か、「b」か「v」かを確認するのだというのだ。
      日本の国会中継とは違う。
      アメリカでカラオケは流行らないのは、アメリカ人でさえ歌の詩を聞き取れないからだ 。 アメリカ人の教授や、学生に英語の歌を聞かせて、訳させると「聞き取れない歌詞」があちこちにあるという。
      少し、安心した。日本と同じだ。(若い子のの歌詞も最近聞き取れていない。)
    3. アメリカでは義務教育(小学校から高校まで)では、文法は教えないことになっているらしい。文法は大学生になってから、日本の中高生なみの文法を習う。
      TOEFLのアメリカ人の平均は、600点前後。日本人の平均は500点前後。ドイツ人617点。ノルウェー人607点。
      この差は、アメリカ人が文法問題で点を失っているという。

      「誰と話したの?」
      文法的には、To whom did you talk?
      だが、英会話では絶対にこう言わない。
      Who did you talk to ?

      不定詞のto と原形動詞の間に言葉を入れないのが文法だが、英会話ではよくいれる。
      I am going to the Bahamas for vacation to fully enjoy my winter break.
      冬休みを十分にエンジョイするためにバケーションでバハマに行きます。
      正しくは、
      I am going to the Bahamas for vacation to enjoy my winter break fully.らしい。

      二重否定はしてはいけない、と習うがアメリカ人学生はしている。
      I don't hardly play tennis.

      正しくは、I hardly play tennis.


    4. もっと面白いアメリカ人の間違い。
      could have +過去完了「…できただろうに」
      would have +過去完了「…だっただろうに」
      might have +過去完了「…したかもしれなかったのに」

      を彼らは、
      could of +過去完了
      would of +過去完了
      might of +過去完了だと思っている。

      理由は、その表現。
      「クダヴ」
      「ウダヴ」
      「マイタヴ」と発音するからという。

      安心するのは早い。我々は両方知らなければならなくなった。
    5. 後は、スラングを使わない。
      目上の人と話す時、
      「yeah yeah」ヤーヤ−「uh-huh」アハーとか言わない。
    以上出典は、英語のココを学べば5倍のびます。著者は小山内大氏。



SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送